• ホーム
  • Google Search ConsoleをSEOに役立てよう

Google Search ConsoleをSEOに役立てよう

SEO対策はもちろんのことウェブマーケティングでも活用する場面が多いのが、Google Search Console(グーグル・サーチコンソール)になります。Google Search Consoleとは、Googleが無償で提供しいているウェブマスターや事業者向きに配布しているサイト管理ツールになります。

Google Search Consoleを活用することで、手動ペナルティの適用を受けた場合の通知を確認したり、検索キーワードごとのアクセス数などを解析することが出来ます。つまり手動ペナルティを受けると最悪の場合、インデックス排除につながるので、ペナルティの通知をもとに事実を確認しガイドライン違反状態を改善して再リクエスト申請を行うことで速やかに対処する必要があります。また検索クエリごとのユーザーのアクセス数も分析把握できることから、キーワードの選定に役立てることも叶います。検索ユーザーの検索クエリの傾向に合わせて、コンテンツの更新や改善のための有力な判断材料を入手できるわけです。

ところでSEO対策では内部リンク対策の必要性も高いとされています。この点、Google Search Consoleに対してサイトマップの送信も実践できるので、内部リンクをGoogleに正しく認識させることも可能です。時にはコンテンツを更新していても、なかなか検索エンジンに巡回してもらえない状態のクロールエラーに遭遇することがあります。クロールエラーには色々な原因が想定されますが、対策もすんでいるなら、Fetch as Googleという機能を活用すると打開できるかもしれません。Fetch as Googleでは何らかの原因で検索エンジンにクロールされない場合に、クロールすることを勧誘する機能のことです。

それではSEO対策の分析に役立つGoogle Search Consoleですが、使い方はどうなのでしょうか。まず登録方法ですが、Googleアカウントでログインしあなたの管理サイトを登録する必要があります。登録方法の際に利用するアカウントは新規に取得しても構いませんし、普段使っているGmailのアカウントでも大丈夫です。Google Search Consoleの使い方はいずれも、必要なタブをクリックするだけで分析結果のログを参照できます。例えば検索クエリの状況を調べるときは、ログイン後にトラフィックから、アナリティクスの順にクリックするだけです。