• ホーム
  • Google Analyticsをサイト改善のために活用しよう

Google Analyticsをサイト改善のために活用しよう

自サイトの運営に取り組んでいても、コンテンツの更新やSEO対策などが果たして効果的なのかを客観的に見ることはなかなか容易なことではありません。検索順位の上位表示を目的に各種の対策に取り組んでいても芳しい成果が見られないこともよく経験されるところです。そこでサイト改善し効果的なSEO対策のためには検索キーワードの選定や、それぞれのコンテンツに対するユーザーの評価などを客観的に分析するには、専用の解析ツールを活用するのが合理的です。このようなサイト改善のために役立つのが、Google Analyticsになります。

Google AnalyticsとはGoogleが無料で提供しているアクセス解析ツールのひとつで、シェアも第一位を誇るツールです。Google Analyticsを活用することでわかるのは、自サイトに毎日訪問しているユーザー像を把握することです。なぜならGoogle Analyticsを活用して分析できることは、毎日のユーザーが訪問したときのランディングページや、セッション数・よく参照されているページやコンバージョンの状況の把握などがあります。さらにどのようなユーザーが多いのか(地域や性別・年齢・関心のあるジャンルなど)、ユーザーがどこから流入しているのかなど(外部リンクや広告など)までも認識できるので、セッション数などの要素で分析することで、自サイトのユーザー像をより具体的にイメージできます。そこで分析結果をもとにコンテンツの内容に反映させたり、離脱率を参照することでどのコンテンツに問題があるのかなどユーザーをより多く流入するための対策を立てることにもつながります。無料で離脱率や流入経路なども具体的に把握できるのが、Google Analyticsの最大のメリットです。

その使い方ですが、まずはGoogleアカウントを取得することからはじまります。初心者でもぜひ活用したいのが、毎日のレポート画面を参照して状況を把握することです。Google Analyticsのレポート画面の使い方ですが、ユーザーサマリーと目標サマリーの2つのレポートを確認することです。データに特段の変化が見受けられなければチェックするだけで終了してかまいません。逆に数値に異変がみられたときは原因を探る必要があります。具体的には集客チャネル→すべてのトラフィック→チャネル、の順にクリックするとトラフィックの詳細が分かるので、ペナルティやアルゴリズムの更新など原因を推認し対策をすることになるでしょう。