• ホーム
  • バックリンク対策は必要?

バックリンク対策は必要?

パソコンで仕事する男性

バックリンクとは外部サイトから自サイトに向けて貼られたリンクのことをさしています。自サイトからもリンクを貼ることはありますがSEO対策上で意味があるのは、バックリンク(被リンク)の数を多く獲得することにあるとされています。検索エンジン大手のGoogleも、検索順位の評価要素としてバックリンクの数を重要視していた時期が長く続いたのは事実だとしています。

Googleがなぜ被リンクの数を検索順位判断において重要な判断材料に採用しているのかと言えば、ウェブサイトに対する人気の指標と考えて合理的だからです。そもそも検索ユーザーがリンクを貼るのはそこで掲載されているコンテンツを目の当たりにして、深く共感をしたり問題解決のための有用な指標を得たと考えられます。したがってバックリンクの数をウェブサイトの評価の指標に利用することには、もっともな理由があったと言えるわけです。

ところがこの状況を逆手にとって検索順位結果上位表示を勝ち取るために、ガイドライン違反をしてでもバックリンクの数を増やすために、いろいろな方法が考案されてきました。無料登録できる相互リンクを目的にしたサイトとのリンクを構成したり、コンテンツ内容の希薄な、いわゆる”ペラサイト”をサテライトサイトとして数多く立ち上げて相互リンクを獲得するなどの手法が横行することになりました。自らサテライトサイトを量産して相互リンクの獲得を自己目的にサイト運営を行うほかにも、業者からリンク購入するなどの方法も駆使して検索順位上位表示をもくろんで、ガイドライン違反の手法がはびこった結果、検索順位上位には検索ユーザーにとって有益な情報を含まないサイトに占拠される事態にGoogleは悩まされることになります。

リンク購入やサテライトサイトでの自作自演などはいずれも禁止事項でペナルティの対象になるものですが、個別での対応には限界があるのは明白です。そこでペンギンアップデートをはじめとした検索アルゴリズムの更新の結果、良質で自然なバックリンクが重視されるようになり、反面ガイドラインで禁止されているSEO対策をとる疑いのあるバックリンクを獲得することはペナルティのリスクを抱えることになったわけです。自然で良質なバックリンクとは、検索ユーザーの共感を得たり、有益な情報を取得できたという感想を抱くような高品質なコンテンツを提供するウェブサイトということになります。コンテンツの品質が重視される理由はここにあるのです。