News
ベッドでパソコンを使用する人

ウェブサイトを運営する動機が、売上や集客などのコンバージョン獲得を目的にするウェブマーケティング戦略を青写真に描いているなら、SEO対策は必須の作業になります。SEOとは検索結果の最適化を意味しています。つまり自サイトにとっての最適の状況である、検索順位上位表示が直接の目標に設定されることになります。ここで解決を見るべき問題は、必要なSEOを実践するにはどのような選択肢を採用するべきかという点にあります。

Googleのガイドラインに違反するようなブラックハットSEOの多くは、ユーザーニーズに対応していない低品質なコンテンツばかりを提供するような振る舞いにでることで検索順位が大きく下落するリスクが高くなります。そのような状況では、売上や集客のために実践しているコンテンツ作りやSEO対策のすべてが水泡に帰する可能性があります。つまり検索結果の上位表示を得るためには相応のSEO対策を採用する必要が高いわけです。

検索ユーザーの大半は検索キーワードをもとに、検索結果に表示されるメタディスクリプションなどを参照にクリックすることになります。ここで重要なのはGoogleのアルゴリズムがキーワードをきっかけに、検索するキーワードについてのコンテンツを提供するウェブサイトの評価を実践しているのかという点になります。従来より重視されてきたのは、バックリンクの獲得数です。

バックリンクとは外部サイトから自サイトに貼られたリンクのことで、ウェブサイトの評価する上で必須のファクターと認識されてきました。しかしこの方法論ではバックリンク獲得のための不正なプログラムやウェブスパムの横行を許すことになり、Googleもガイドライン違反のSEO対策にはペナルティをふくめ厳しい姿勢で臨むことが明白になっています。すなわちGoogle検索エンジンのアルゴリズムにおけるユーザーニーズの方向性を見誤らないことが、SEO対策上でもポイントになります。

ユーザーニーズという所に焦点をあてればスマホを筆頭に携帯端末からのトラフィックの急増が、Googleにも変革を強いているのは確かです。この方向性のもとで実施されたのがモバイルファースト インデックスになります。モバイルファースト インデックスとは従来のPCでの検索結果を上位表示に採用していた方針を転換し、モバイルなどのトラフィックの検索順位を検索結果の主軸に添えると言うものです。今後のSEO対策では携帯端末ユーザーを抜きに適切な対策をとるのは困難といえます。